最近のコメント
S1000R ディスクローター交換 by 早坂直人 (11/16)
S1000R ディスクローター交換 by sin (11/09)
S1000R ディスクローター交換 by 早坂直人 (11/05)
カーボンレバー by まっさん (10/12)
カーボンレバー by sin (10/09)

2018年07月02日

フィルム貼り

R1Mが納車されたので遠出をする前にフィルム貼りにチャレンジしてみました。
イージーガード(Eazi-Guard)という製品です。
79BB0F15-7E02-4CDD-B3CF-D4546874E6FC.jpeg
R1用に計14枚のフィルムがカットされています。
R1M用もありますが、webikeで買えなかったのと、ポチッた後にM用があるのを知りましたが時既に遅し。
R1用で我慢です。
付属の液体とスキージーを使って貼ります。
E488AB2E-446E-42BC-B2E6-44E4E6B7F7CE.jpeg
左の白いスキージーと専用の液体が付属です。
この付属のスキージーがイケてないので右の青色のフエルト付きのスキージーがオススメです。
作業は難しくないですが時間がかかります。
F35353C3-B520-44AF-8FCE-06F8C761C605.jpeg
アッパーカウルは3枚で構成されていますがわかりますかね?
なかなか上出来に貼れました。
posted by sin at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | R1M 2018

2018年06月29日

納車

2018/6/29
ついに YZF-R1M 2018が納車されました。
嬉しいー!
DE050564-BA48-4331-905B-D2C8AC9874A9.jpeg
posted by sin at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | R1M 2018

2018年06月14日

YZF-R1M ヨシムラアルファフルエキ

 YZF-R1M 2018用のヨシムラマフラーを仮組みしてみました。
B66E847E-9779-4E7C-8A86-88971D1BF833.jpeg
いやー、かっこいい。
チタンエキパイ、カーボンサイレンサーですがアクラポのエボリューションラインと比較すると重量感あります。
0FE088F9-540E-4FFF-883D-61B71000C2ED.jpeg
エキパイのチタンの肉厚がエボリューションラインより厚いですね、サイレンサーもカーボンの仕様、表面の塗装もだいぶ違います。
アクラポのカーボンサイレンサーは触るとカーボンの凹凸がわかりますが、ヨシムラはカーボンの上から分厚いクリア塗装をしている感じで表面がザラザラしていないです。
446442E0-4103-4641-882F-0C8F4A88019A.jpeg
内部もチタンだと思いますが肉厚な感じです。
改めてアクラポのエボリューションの軽さを認識しました。

仮組みではスポッと組めるので精度は流石ヨシムラと言った感じです。
F8955EB0-46AC-43E1-8FD2-659F01537B77.jpeg
溶接もきれいですし、R1Mに取り付けるのが楽しみ。
posted by sin at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | R1M 2018

2018年05月30日

パワーRS

パワーRSを履いてから約8000km、溝はまだありますがリピート交換して2本目のパワーRSです。
峠メインの使い方ですが素晴らしいタイヤです。
何より峠レベルで温まりが早く、グリップ感がかなりいいです。
筑波サーキットも走りましたが、8秒程度だと不満はまったくないです。
F7B13830-0492-48EA-B711-21E85949D51E.jpeg
しかし、タイヤのせいではないですが、ダイナミックモードで立ち上がりでガバ開けしてくとタイヤはこんな感じになりました。
段差ができ、アブレーションぎみ。
溝はまだまだありますが、峠で使うおいしい部分は終わったハンドリングになりました。
しかしとてもいいタイヤなのでまたパワーRSにするつもりです。
posted by sin at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | S1000R

YZF-R1M ヨシムラフルエキ

R1M 2018をオーダーしました。
バイクより先にマフラーが届きました。
1AC3AB38-C16C-4910-BC71-9E62D0F5158B.jpeg1A9F58BA-84DF-4444-9F6F-4D72939A70A4.jpeg
マフラーはいろいろ悩みましたが、選んだマフラーはUSヨシムラのアルファフルエキゾーストシステム、エキパイはチタン、サイレンサーはカーボン、です。
型番は131411M220
レーシングマフラーです。
選定理由はキャタライザーは外したいのでYパイプ交換前提で探しました。
Youtubeや他のR1ライダーのインプレを見るとサイレンサーとYパイプを交換した場合ではアフターファイヤーがひどく、音も割れぎみの様子。たまたまサーキットでお会いしたR1オーナーにも話を聞いたところECU書き換えないと厳しいとの事でした。
さらに調べ、アクラポを前提に比較すると「サイレンサー+Yパイプ」と「フルエキ」の比較ではポン付けの際フルエキのほうがアフターファイヤーは少ないようで音もいい感じでした。

というわけでフルエキを探すことにしました。
アクラポのフルエキは間違いないと思いますが何せ定番すぎるし、個人的には「飽きた」ので他のフルエキにしたい。
さらにタンデムステップのところからサイレンサーを吊るのはデザインが好みではない。
さらにフルエキのくせに爆音はいやなのでバッフルを付けたい。とまあ面倒くさい条件。
フルエキの候補ではArrow、Graves、も検討しましたが、あえて今の時代「ヨシムラ」っていいんじゃね?っと思いつきました。(ヤマハなのにヨシムラ?!)
過去にヨシムラレーシングのマフラーは購入したこともあり、作りや性能に関しては安心感がありました。
そんなこんなでUSヨシムラのフルエキに決定!。
しかしこれがまたWebを探しても他につけているユーザーが全くいない!サイレンサー+Yパイプの組み合わせはいるけどフルエキの動画がなんと全くない(見つけられなかった)。
標準でバッフルは付属していないのでバッフルが装着できるかも不明。
しかもUSヨシムラのサイトではオーダーするには電話しろと書いてある。
そんなこんなでたまたま海外オークションで新品をゲット!
F7034712-0DD0-406E-89BC-8B5924A0C9C1.jpeg
内容物はこんな感じ、スプリングフック工具も付いてます。
さて、バッフルが装置できるかですが、ヨシムラ純正のバッフルをヤフオクで買っておいたので入れてみました。
F04CC902-9D4E-4778-87E1-DF77E51DEDF1.jpeg
なんとピッタリ着きました。
もちろん固定ボルトも装置可能です。
B7853458-D0CD-43B5-8F2C-B6B729B0855F.jpeg

DB4698F6-5909-4489-9DF9-10DB4376B2FA.jpeg
さて、定番の計量です。
バッフル込みでトータル5.1kgでした。
基本ポン付けですがマフラーガスケットは別途必要ですね。
バイク到着が待ちどおしいところです。
posted by sin at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | R1M 2018