最近のコメント
S1000R フルエキ化 by sin (02/03)
S1000R フルエキ化 by mamayan (12/27)
AZ Battery by なかむー (08/17)
AZ Battery by sin (08/17)
AZ Battery by なかむー (08/16)

2015年10月04日

スカイリッチ搭載

バッテリーがきたのでS1000Rに搭載しました。
左が旧、右が新
新型はLEDにて残量表示がありますが、すぐに見れる所にバッテリーが無いので意味が無いです。
しかも表示がハイとミドル、ミドルとロウがチラつく場合があり信用なりません。
ちなみにこの仕様はAZバッテリーでも同じです。
実はどちらも同じ製品?

以下記録用
S1000R 2015/10/2搭載
距離9050km
image.jpg

image.jpg
posted by sin at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2015年09月26日

リチウムイオンバッテリーの評価(スカイリッチ)

さて、R1にリチウムイオンバッテリー(HJTZ10S-FP)を搭載してはや3年3ヶ月。しばらく時がたちましたので結果を報告いたします。
IMG_0257_800x600.jpg

結果ですが、2012年6月にR1に搭載し2015年9月26日(S1000R)で役目を終えました。
バッテリーを変えて終わるまで車両も変わりR1からS1000Rに乗り換えました。
バッテリーはそのまま移植しました。
今朝S1000Rを乗ろうと思ってセルを回すとギュル・・・チーン。
充電器で充電しましたが電圧は11Vほど。(完全に終わったようです)
2012年6月から使い続け現在2015年9月、約3年3ヶ月、冬も3回乗り越えました。
車両と走行距離はR1(2012)で16000Km、S1000Rで9000Kmトータル25000Km
その間バッテリー上がりは一度もないし充電器で充電したこともありません。
頻度は月平均2回〜3回のライド(1回300Kmほど)冬場は2ヶ月放置もありましたが一度もバッテリー上がりはありませんでした。
というわけで私にとってはリチウムイオンは大正解でした。
という訳でまた同じものを発注することにしました。(参考までに)
posted by sin at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2015年07月10日

RR4をダブルレンズ化

FOGWINというシールドに装着する曇り止めを買ってみた。
ようはピンロック非対応のシールドをダブルレンズ化するものです。
image.jpg
そう、これを使えばアライのスモークシールドをダブルレンズ化する事ができます。
アライのスモーク(アドシスL)にはピンロックのラインナップが無いため純正ではダブルレンズ化できません。
アライの良さはスモークの濃さなのに、メーカーはわかってないすねー。
という訳で自分のRR4をダブルレンズ化してみます。
さっそく貼ってみましたが特段問題なく簡単に貼れました。
image.jpg
さっそく貼ってみましたが特段問題なく簡単に貼れました。
image.jpg
ついでにボロくなっていたチークパッドを新品に交換し、インカムも仕込んでみます。
image.jpg
スピーカーを仕込む部分をカットし、スピーカーを仕込みます。
簡単にできました。
image.jpg
さあこれでアライのヘルメットも復活!

シールドのテストは今度走って試してみます。
posted by sin at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2013年06月02日

Drift HD Ghost

ついに手に入れました!Drift HD Ghostです。
IMG_0708.jpg
残念なことにJVCより一回り大きいです。
がしかし!リモコンつきです。またこれがデカイ(w)。
ハンドル周りにつけたいところですがスペースを選ぶくらい大きいです。
がしかし、大きい分グローブでの操作、クリック感もあり機能としてはGoodです。

今回の目玉はなんと言っても外部マイクです。
IMG_0703.jpg
JVCは外部マイクを接続できないので、せっかくの動画が風きり音ばっかりでイマイチでした。
という訳で外部マイクを取り付けます、選んだ場所はタンデムシートの中。

IMG_0704.jpg
ケーブルをタンク横に這わせてアッパカウルの下までもって行きます。

取り付け位置をいろいろと考えた結果、カメラは目立たない位置に付けたい。
という訳でサイドカウル内側のカウルにDrift用ゴーグルマウントを取り付けます。
ゴーグルマウントは少し大きかったので、少し切って穴あけ加工をしてます。
カウルにも穴を開け(見えないからOK)、インシュロックで落下しないよう固定します。
IMG_0705.jpg
ジャーン!完成!
IMG_0706.jpg

ためしに走って見た。
この位置だとDriftを吊るしている内側カウルの強度がなく、走るとプルプルとカメラが上下してブレがひどいです。
カメラが振動で上下しないよう少し工夫しブレも解消。

なんと、このDriftは動画撮影中に写真が取れるのである。
録画中にリモコンの録画ボタンをもう一度押すと写真を撮ってくれるのである。
↓パチリ(実際の画像)
PH000025.jpg
十分な画質です。
気になる動画はどうなっているかというと、シャッターを切っても動画は途切れることなく録画される。
この写真撮影機能はなかなか使えそうな機能である、なおさらリモコンをハンドル付近ですぐにボタンを押せる場所に付けたいところです。
パッシングスイッチの場所だといろいろと便利そうですね。
posted by sin at 19:12| Comment(1) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2013年04月17日

Drift HD 1080p VS GC-XA1

JVC GC-XA1を購入してから車載カメラにはまってしまいました。
峠やサーキットで撮影し、帰宅してからその映像で一杯飲む。
楽しさ2倍です。

今回はJVC GC-XA1とDrift HD 1080pを比較してみました。
友人にDriftを借りて勝手に比較。

「GC-XA1」
gc-xa1_std.jpg
「Drift HD 1080p」
71Km3J8B0eL__AA1500_.jpg

画質はこんな感じ
↓JVC
jvc001.PNG

↓Drift
drift.PNG

好みはありますが、肉眼に近い色はJVCです。
ちなみに設定ですがJVCはオート
Driftは室内に設定しています。Driftを屋外の設定にするともっと暗く写ります。
さて、本題ですが、バイクにつけて走ってどうかです。
バッテリーのモチや画質は他で見てください。
テストする項目はいくつかありますが、バイクで必要な項目で比較しました。
ドライブレコーダー的に使えてかつ満足いく動画が撮れるかがポイントです。


■電源供給しながらの撮影
どちらも可能ですが、JVCは電源供給時は720pで15分ごとにファイル分割されます。
Driftは1080で撮影可能、かつ40分ごとのファイル分割です。
かつファイル間のタイムラグ(1つのファイルから別のファイルで録画が開始されるまでの時間)
JVC:6秒、Drift:4秒
タイムラグはあまり気になりませんが、JVCの15分は短い。
つまりサーキットで30分1本の間にファイルが分割される。
ちょうどいいところで6秒の撮影できていない空白、これはもったいない。

■電源供給(キー連動USBで供給)してからの撮影までのアクション
JVC:電源を選択、決定ボタンを押す、数秒待って電源を入れる、撮影ボタンを押す(4アクション)
Drift:電源ボタンを押す、録画ボタンを押す(2アクション)
JVCがアホ過ぎてDriftが◎
かつDriftはリモコンで操作ができるが、JVCの無線機能(スマホ)は電源供給時は使えません。
話にならん。

■防水対策
電源供給しながらではJVCは裏蓋を空けるためNG
DriftはUSBケーブルの大きさに合わせ穴が開いているので付ける場所によっては多少の雨でも平気でしょう。

■音
どちらも風きり音でエンジン音はまともに聞こえません(ハンドル周りに取り付け)
はじめは気になりませんが、気持ちよく飛ばしている映像が「ゴーー」しか聞こえなくて
せっかくのエンジン音が聞こえないから、そのうち残念感が増してきます。
外部マイクが接続できるDriftが◎

他にもレンズの回転等できるDriftや180度しか回転できないJVC、比較はできるところは他にもありますが、あくまでUSB電源でバイクに付けた場合の個人の視点です。
評価した結果、ほぼすべてでDriftが上をいってます。
Drift HD Ghostを買う予定です。
参考までに。
posted by sin at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2012年09月03日

GC-XA1 その2

GC-XA1をYZF-R1へ取り付けた場合の紹介です。
アッパーカウルの下に、カメラ付属の両面テープつきアタッチメントで貼り付けます。
流石に両面テープだけでは落下が心配なので、取り付けるインナーカウルに穴を開けてタイラップで固定します。
ハンドル周りに取り付けるのもありですが、ここだと目立たなくていいでしょ。
ドライブレコーダーとして使ってます。

IMG_0325_800x600.jpg

風きり音対策でマイクに綿をつけてみましたが、あまり効果がありませんでした・・・。

IMG_0326_800x600.jpg
posted by sin at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2012年08月18日

空気入れ

自宅でタイヤの空気を入れるために空気入れを買ってきた。
以前DRCのフットポンプを使っていたが、なかなか空気が入らないしすぐ壊れる(今まで2個壊れた)。
コンパクトで持ち運びには便利だったが自宅で使うならもっと効率がいい空気入れがほしいところ。
d59-30-810s[1].jpg

近所のホームセンターで空気入れを物色。
IMG_0323_800x600.jpg

「力半分」!しかも自動車に対応している。
よく見るとフォークリフトにも対応してる?すげー・・・
力半分って空気もぜんぜん入んねーじゃねーの?
と疑わしいが自動車に対応しているのはこれしかなかったのでとりあえず購入。
¥1780
早速自宅でR1の空気を入れてみる。

IMG_0322_800x600.jpg
おおっ!マジで軽い。
しかもかなりのロングストローク。
エアゲージでチェックしたらちゃんと入ってる!
おおっ!久しぶりにいい買い物をしました。
これお勧めですよ。
posted by sin at 17:07| Comment(1) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2012年08月12日

GC-XA1

JVCケンウッドのGC-XA1です。
IMG_0309_800x600.jpg

スペック等は省略します。
初期ロットはファームがしょぼくてまともに動きませんでした・・・。
ファームを上げたら一応普通に動いてます。
問題はバッテリーの持ち、約1時間しかもたないのでドライブレコーダーとして使うのはUSB電源が必要です。
なぜ1時間しかもたないか?!なんと録画中も液晶が消えないのです。
アホとしか言いようが無い作りです。
ファームアップで改修されることを期待・・・。


R1のフロントフォークに取り付けようと思い、ロールバーマウントを購入しましたがフォークの方が太く取り付けできませんでした。
倒立フォークの車両に取り付けを検討されている方は太さに注意したほうがいいです。
R1(2012)のフォークでバンドが約2cmほど足りません。
フォークへの取り付けはあきらめ・・・。

解決したいのは電池の持ちです。
とりあえずモバイルバッテリーでどのくらい録画できるか?
今回使うバッテリーはPanasonic「QW-QL201」容量5,400mAh、デスクでエンドレス録画で録画し続けたところ、約6.5時間でモバイルバッテリーの電池が切れました。
USBケーブルを接続しっぱなしにするので裏のフタは取り外し。

IMG_0311_800x600.jpg

早速アッパーカウルの下に取り付けて走ってみたところこんな感じです。
エンドレス録画のため画質は720 30P、手振れ補正オン、ホワイトバランスオートです。
動画を見るとかなりブレているように見えますが、左下に写っているFフェンダーを隠すと気にならない程度です。
とりあえず風きり音の対策が必要ですね。

以下参考画像↓
posted by sin at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2012年05月19日

メンテナンススタンド

メンテナンススタンドを購入。
いつものごとくヤフオクでGET。
IMG_0174.JPG
早速ストトリで使ってみようとスタンドフックを購入。
IMG_0173.JPG
J-tripのスタンドフック(6mm)です。
取り付け後はこんな感じ。
IMG_0175.JPG
IMG_0176.JPG
よっこらせ。
使い勝手はというと・・・まあ普通です。
アクスルシャフトに突っ込むタイプのほうが楽ですね。
リフトして尿漏れキャッチタンクが壊れていたのを思い出し交換。
IMG_0178.JPG
器はカゴメのラブレです。
IMG_0179.JPG
装着完了!
posted by sin at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2011年03月21日

赤パッド

ブレーキパッドを選ぶ基準だが、制動性能、ライフ、ディスクへの攻撃性 等がある。
sin的にはズバリ「とにかく止まる」のを重要としている。
減りや、ディスクへのダメージなんざどーでもいい。
減りはまだしもディスクへのダメージってなんだ?ディスクが減るってことか?
はぁ〜?何万キロ乗るつもりだそのバイク?そんな事気にする前に他が壊れるだろ?!

そんな事はいいとして本題に・・・
以前スタントしてる友人にべスラのパッドを使ってると話すと「マジすか?べスラ効かないっすよね!」と言われたw。
その友人はデイトナの赤パッドを使っており、さらに私の周囲のスタントライダーは皆赤パッドだった。
へみ?そうなの?べスラって効かないの?

私はここ15年あまりブレーキパッドはべスラを使っていた。
20年前の話だがデイトナの赤パッドは「赤いだけで効かない」というイメージが強かった。
わかる人もいると思う。

赤パッド.jpg
という訳で試しにスピードトリプルのFに赤パッド入れてみた。
もちろんパッドの慣らしなんざーするわけもなく握ってみる。ニギッツ!
おおっ!ノーマルやべスラよりあきらかに「キク!」、握り始めからぜんぜん違う。
くらべるとぜんぜん「きく」!

よくは知らんがデイトナのパッドは昔とだいぶ変わって良くなったらしい。
まったく思い込みとは恐ろしいものである・・・なぜ今までべスラなんぞを使っていたのか・・・
しかも価格もデイトナのほうが1000円くらい安い。

それ以来私の車両はすべて赤パッドに変わったw

あくまで個人の主観なので参考にする必要はまったくない。
posted by sin at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2011年02月20日

ナビ取り付け

CA3H0089.jpgCA3H0088.jpg


ナビを取り付けた写真をUPしていなかったのでUP。
ハンドルの中心に自転車用LEDライトのステーを取り付け、横にUSBポートを付ける。
USBポートがあるバイクって不思議だな・・・
そのうちUSBポートやSDスロットは当たり前になる時代がくるだろうな。
USBキーを接続しないとエンジンかけられないとかねw。

ナビに話を戻すが、自転車用LEDライトを破壊して接着剤でナビに付ける。
接着した写真は過去ログを見てくれればわかると思う。
これでスライド式にナビを取り外しできるようになり、駐車する時にはすぐに取り外せる。

正直日中の場合画面は見にくいが、まあこんなもんだろう。



posted by sin at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2011年02月18日

9999円ナビインプレ

CA3H0094.jpg
さあ、今回は9999円(PND-A3512)のナビをインプレするぜ!
12VからUSB(5V)が取れるUSBステーションを購入。(ナプースで約2000円)

USBポートをハンドルに取り付ける。
電源をUSBから取ると充電中画面になってしまいナビとして使えない。
一旦バイクのエンジンを始動した後にナビをリブートする運用となる。
再起動でナビとして使えるのは事前に解っていたため問題ない。

さて、ナビとしてイケてるかどうかだが、
GPSの補足は1分〜3分と我慢できる程度である。

ナビゲーションは首都高を走っていたらUターンするリルート指示が出たレベルであるw。

トンネル内の現在地はGPSが補足できないためトンネル侵入前の速度で現在地を予測し表示するようだ。
9999円でこの機能は驚いた。
VICS等の渋滞を表示する機能は無いが、そもそもバイクに付けるからそんなもんは必要ない。
また、現在地アイコンをバイクに変えれるところも面白い。

操作感は普通だがバイクで走行中に操作するのは難しい、画面のボタンアイコンが小さくグローブをした状態で操作するのはほぼ不可能である。
写真を見て大きさを比較するとわかるが画面左上の「+、-」ボタンを押すのは難しい。

地図データは都内以外は情報不足と言っていいレベルである。
メモリが1Gbなので仕方がないが想像よりだいぶ少ない。
1Gbってこんなもんだったか?
勝手に期待していた伊豆方面のデータとかは駄目駄目である。
住所検索は主要番地までしか検索できないので事前にGoogleマップで緯度経度を調べ入力しておく事をお勧めする。
緯度経度の入力は可能である。

まとめると
目的地までのナビゲーションとして使うのではなく、現在地と目的地の確認用として使うのがいい。
個人的には値段を考えると十分満足できる物である。

ちなみに数本ウィリーしてみたが壊れなかったw
これからの季節ツーリングが楽しみだ!
posted by sin at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2011年02月13日

9999円ナビ

CA3H0080.jpgCA3H0081.jpg前から欲しかったナビをついに購入!。

ハンファジャパンの9999円のナビである!
まあ1回飲みに行って2件行ってしまった程度の金額である。
ナビとして使えるかは別としてどう取り付けるかな。

電源はシガーソケットかUSBから取れるので「バイク用電源ソケット USBステーション」を購入。

タンクの上はETCがツイてるのでスペースがない。
取り付けはウィリーしてもナビがぶっ飛ばないように取り付ける必要がある。

という事はやはりハンドルか?
ハンドルにナビなんか付けたひにゃー私は乗れてません!ツアラーです!
みたいなイメージがあり好きじゃない。
というかカッコ悪い…

しかもナビ用のステーなんぞは高くてアホらしい!

40秒考えた結果100キンの自転車用ライトを改造してつけるw

適当に取り付けてみる。

ん〜イマイチ下手くそが乗りそうなバイクに見えるがしかたないか。

さあ、ナビとしてのインプレはいかに!?
posted by sin at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ

2010年09月11日

グローブ

CA3H00020001.jpgラフロのマグネット付きグローブです。
マグネット付きでタンク等にくっ付くので風に飛ばされないから便利ですよ。
posted by sin at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクグッズ