最近のコメント
S1000R ディスクローター交換 by 早坂直人 (11/16)
S1000R ディスクローター交換 by sin (11/09)
S1000R ディスクローター交換 by 早坂直人 (11/05)
カーボンレバー by まっさん (10/12)
カーボンレバー by sin (10/09)

2018年07月20日

R1M マフラー交換(後編)

さて、R1Mのマフラー交換の続きです。
サイレンサーとキャタライザーを外したらいよいよエキパイを外すわけですが、
その前にオイルクーラーを固定しているボルトを外し、オイルクーラーのエキパイ側にダンボールをはり養生します。
3C365652-676D-4F39-9479-10ECC3DDE2D9.jpeg


↓ラジエターの内側も段ボールで養生しておきます
1ECCECE1-2C7A-4177-8613-55216DEDDF8B.jpeg
↓こちらのステーもエンジンから外しておきます。外しておかないとノーマルエキパイを外すとき苦労します。
B00068F2-4B1B-4830-B51B-2C5FF4810E0D.jpeg
新品ガスケットはキタコのXY-21 4枚入りです。
BD4CA3F2-31BA-45C2-A4C2-E8D7607AEE4A.jpeg
エキパイを外したらガスケットにグリスを塗り、ガスケットを交換します。
AD0B5212-4994-4287-939A-1FAB15237F27.jpeg
ガスケットに使うグリスは[リチウムソープベースグリス]が純正指定です。
が、持ってないので適当なグリスをつけます。
054EB854-D939-4816-8A62-BF3448354984.jpeg
マニホールドを取り付ける順番ですが、車両をまたがった状態で右から1.2.3.4とすると、私は3.4.2.1の順番で組みました。
下の図のマニホールド(1)とフランジ(2)を先に取り付けてエキパイを挿していきます。
実際はエキパイは1.2がセット3.4をセットして二本同時に挿していきます。
080BB784-66AD-44D5-B76D-18E88B8EA9D0.png
スプリングは先にフランジに取り付けておきます。
エキパイを取り付けていきます。
5436C272-FB35-438C-B2A3-E48CE2F0317C.jpeg
76805D4A-920E-423F-9DED-7DFEAE847693.jpeg

すべてのエキパイを差し込みスプリングを取り付けます。
3DB3760E-7AC7-4886-B736-38B7FD01F609.jpeg


Yパイプを組み差し込んでいきます。
E30A8E99-509B-4281-9C6F-374B453D9409.jpeg


↓4本が2本になり
7BA81388-79D4-419D-BF29-F07E9C571515.jpeg


↓2本が1本になります
AA564E43-79AC-434D-B44C-0353D02C2A88.jpeg

O2センサーを取り付けますが、マジックでマークをつけてあらかじめ占めこむ逆方向(左回り)に7回転ほど回しておきます。
C47D5097-32F3-4DB0-A4E5-79B6975E624F.jpeg
posted by sin at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | R1M 2018
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183948579

この記事へのトラックバック