最近のコメント
S1000R ディスクローター交換 by 早坂直人 (11/16)
S1000R ディスクローター交換 by sin (11/09)
S1000R ディスクローター交換 by 早坂直人 (11/05)
カーボンレバー by まっさん (10/12)
カーボンレバー by sin (10/09)

2018年07月19日

R1M マスターシリンダー交換

R1Mのノーマル、ニッシンのマスターのタッチと効きが嫌いなので納車前にマスターを交換します。
ブレンボ RCS19コルサコルタという新型のマスターシリンダーを試してみます。
普通のRCSのほかに初期タッチの具合を3段階選択できます。
ダイアルがありカッコいいんです。
ブレンボのロゴは私が赤に塗りましたw
C3A8FEA7-DB7A-4179-BCBB-73F9C0DBE0E5.jpeg
正直ポン付けとはいきませんので必要な物を書いておきます。
一番のポイントはマスターシリンダーの出口を90度変換する『ブレーキバンジョーアダプタ』が必要です。
ノーマルのニッシンマスターとブレンボのマスターではバンジョーの向きが90度違うのでそのままではつきません。
ホースを変えるのは手間とコストが合わないので向きを変えるアダプターを使います。
7AB7617F-E592-435B-8DB4-283C83FE5B03.jpeg
一国サイクルワークショップというところが販売してます。
必要な物をまとめると、
バンジョーアダプター(上の写真)
ブレンボバンジョーボルト シングル(短いやつ)が必要です。
ブレンボコルサマスターに付属しているバンジョーはダブルタイプなので使えません。
しかしバンジョーアダプタに付属しているバンジョーを使うと長いようでこうなります。
82925F32-BC81-48F0-B81E-AEE3FD6B7B14.jpeg
バンジョーアダプターに付属しているバンジョーボルトはショートで普通のブレンボRCSにはポン付けできるようです。
私の推測ではブレンボRCSとコルサタイプではバンジョーが入る深さが異なるのでは?と思います。
仕方がないのでワッシャーを二枚かませて取り付けました。(まあバイク屋さんがやってくれたんですが)
FA840E71-56A4-44B7-8926-C7BA7CD17F98.jpeg
とりあえずワッシャー二枚の状態でもブレーキに問題なく使えてます。
正直一度ブレンボマスター使ってしまうとニッシンのノーマルマスターは話にならないですね。
コルサタイプのダイアルですが、
N:ノーマル
S:スポーツ
R:レーシング
と3段階の設定があります。
個人的なインプレですが初期タッチが変わる感じです。
レーシングはメッシュホースのカチッとしたタッチだと例えるとノーマルはゴムホースの初期タッチのような感じです。
別の車両でブレンボRCSを使っている私的には結局レーシングが一番しっくりきます。
つまりはコルサコルタのレーシング設定と、RCS19のタッチは同じだと思います。

posted by sin at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | R1M 2018
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183940565

この記事へのトラックバック